浮気・不倫の問題(慰謝料請求等)

浮気・不倫についてこんなお悩みありませんか?

  • 浮気・不倫の証拠を集めたいので、探偵を紹介してほしい
  • どんな証拠があれば慰謝料請求できるのか知りたい
  • 自分で集めた証拠で慰謝料請求できるか確認してほしい
  • 相手の浮気・不倫を理由に離婚して慰謝料が欲しい
  • 浮気・不倫相手に慰謝料を請求したい
  • 浮気の証拠をおさえたが、どう扱うべきかわからない
  • 慰謝料請求できる金額を知りたい
  • 離婚して浮気・不倫相手と生活を始めたい
  • 浮気・不倫がばれて高額な慰謝料を請求された
  • 浮気・不倫して離婚する場合、親権をとれるのか知りたい
浮気・不倫についてこんなお悩みありませんか?

当事務所に依頼するメリット

配偶者の浮気・不倫を疑う場合、調査会社に依頼したいとご相談にいらっしゃる方は多いです。当事務所では離婚問題の取り扱い件数が豊富で調査会社とも密に連携していますので、比較的簡単に証拠が集まるケースが多いです。しかし離婚をまとめたいとお考えであれば、証拠があるだけでは不十分です。大切なのは「どのような戦略をとるか」ということですから、弁護士事務所に相談するのが近道です。

例えば、当事務所では相手が浮気・不倫をしたことを認めない場合に「慰謝料」を「解決金」と呼ぶこともあります。「物事を収めるには必要な出費がある」と諭すだけで、強硬な態度が変わる場合が多いからです。相手に非がない場合でも、係争を解決するための費用とすることで、提案を受け入れるよう説得いたします。

当事務所は、相手方との信頼関係を築き、ご相談者様や関係者との人間関係を調整することによって解決に導くことを得意としております。

また、ご自身が浮気・不倫をして離婚をしたいと考えている方のご相談も受け付けています。弁護士事務所の中には「有責配偶者からの離婚請求は原則として認められない」として断るところが多いですが、当事務所では協議、調停、裁判で離婚が成立したケースも多いのでぜひお任せください。

ケース1 不倫をした男性のご相談

  • ご相談内容

    交際クラブで出会った女性と不倫関係にあることを、妻に知られた。妻は「不倫を許さないし、離婚も絶対しない」と言っている。条件は大幅に譲歩していいので、とにかく離婚したい。

  • 弁護士の対応

    ご相談者様=有責配偶者であり、裁判がもつれ込むと却下されてしまう可能性が高いことから、条件を大幅に譲歩したうえで協議か調停で離婚することを目指しました。
    ご相談者様は高収入だったため、高額な慰謝料など好条件を提示して離婚に応じるよう求めましたが、合意できず調停に入りました。すでに家を出て交際相手と一緒に暮らしていたため、調停ではまず婚姻費用の支払いを求められ、結局審判になりました。
    しかし、離婚については調停で話がつかず裁判となり、裁判官が「夫が妻との関係を修復することは不可能」と相手方を説得し、こちら側も家を一軒渡すなどの条件で和解に至りました。

    弁護士の対応

  • 結果

    • 有責配偶者からの請求だったものの、離婚を成立させることができました。相談から離婚成立までは約2年でした。

ケース2 不倫をした女性のご相談

  • ご相談内容

    結婚後に好きな男性ができたので、夫と離婚したい。

  • 弁護士の対応

    当初は不倫の事実を隠したまま、夫との相性が悪いことなどを理由にして離婚に関する内容証明を出しました。しかし、夫が不倫に気づいて証拠を掴み、「絶対に離婚しない」と言い始めました。
    そこで弁護士がご相談者様と相手の間に入り、相手の主張に丁寧に耳を傾けて信頼関係を築いたり、相手の気持ちを慮った行動をご相談者様にアドバイスすることによって、人間関係の調整を図りました。そして、ご相談者様の交際相手も交えた話し合いの場にも立ち会い、離婚の合意を得ることに成功しました。

    弁護士の対応

  • 結果


    解決金は500万円でした。有責配偶者からの請求だったものの、離婚を成立させることができました。相談から離婚成立までは約2年でした。

    • 解決金は500万円でした。

ご相談は解決への第一歩です

離婚事件は今でこそやりたがる弁護士もいますが、約20年前は誰もやりたがらないものでした。「どこいっても受けてくれない」と困り果てたご相談者様からのご依頼を多く引き受けてきたことから、離婚事件に関する長いキャリアがあり、困難な事件の解決実績も豊富です。当事者同士の感情の対立が大きい事件や、人間関係が複雑な事件ほど得意としておりますので、ぜひご相談ください。

pagetop